入社2年目、35年住宅ローンを組みました!

大学を卒業そのまま入社した会社は、新築マンションの販売をする不動産会社でした。
営業職として入社したくさんのお客様にマンションを販売するうちに、住宅ローンの金利が安いことや、
家賃がいかにもったいないか、定年後も住宅ローンが残ってしまうという怖さなどを、まざまざと思い知りました。

私はもともと一人暮らしをしたいという気持ちはあり、一度だけ賃貸物件を見に行ったこともありました。
ただ、どうしても仕事柄「このくらいの家賃を支払うんだったら、購入できるよなあ」と思ってしまい、躊躇してしまいました。

当時は実家が割と都心部からも近く、会社や営業所に通えてしまうため、急がなくてもいいかとなかなか踏ん切りがつかずにいました。
ところが、入社2年目の夏、もともと低かった金利がさらに下がり始めました。
それとともに、年収に見合わない借入を希望するお客様の案件が次々と通るようになり、この状況なら私でも購入できるのでは?という気持ちになりました。
実際に組んだローンは3,000万円ほどですが、月々の支払は10万円くらいなので、悠々と暮らすことができています。