住宅ローンで1000万円借り、繰上げ返済で予定より早期に返済

マンションを購入時に新生銀行で、1000万円を住宅ローンで借りました。
別の銀行では、借入の際の条件(借入銀行を給与振り込みに変更、電気・ガス・水道等の公共料金引き落とし口座に借入銀行を変更する)
等の条件が厳しく、審査しても通らないのは想定できたので、新生銀行にしました。

借入できたのは良かったですが、マンション購入の契約書類を全てコピーして提出することや他にも色々と提出する書類が多かったです。
しかも、全ての返済が完了するまでは、自分のマンションは銀行によって、根抵当権で抑えられていたので、
自分のマンションに住んでいるにも関わらず、賃貸状態と同じような気分でした。この銀行の良い所は繰上げ返済がやり易かった点でした。
インターネット銀行と変わらないので、普通口座に自分の設定した金額よりも、多く残高があれば、自動的に繰上げ返済してくれることでした。

例えば、設定金額を80万円に設定したと仮定します。残高が100万円あり、月々の返済額が10万円だったとすると、
月々の返済額を引いた後の残高が90万円なので、10万円が繰上げ返済に充てられます。
繰上げ返済をすれば、返済期間が短くなるので、その分、総返済額が少なくなってきます。

この設定金額はインターネットで、いつでも変更が可能なので、その時々の家計状態によって、変更すれば無理なく返済することができます。
借入れの際、根抵当権を抑えられている事には、他銀行に変更するべきか否か、悩みましたが、結局、自分には使いやすい銀行だったと感じています。
全ての返済を終了後、登記簿も自分所有に変更することができました。
ローンを借りるのは初めてだった上、マンション購入も初めてだったので、本やネットで色々と調べて、悩みました。