20才にして家族に内緒でカードローン利用した話

私は大のパチンコ好きです。
今でこそ落ち着きましたがかつては仕事の日でさえも寝ないで仕事の前にパチンコに行っては月のお給料を一週間ともたせることが出来ないほどの金遣いの荒らさでした。

なぜ、そこまでしてパチンコにいってしまうのかというと、勝てば負けを取り返せるとおもってしまうからです。
あと、もう少しお金があったら当てれたのにと思ったことも多々あります。
そこで軍資金をなんとかして確保しようとしたときに出会ったのがカードローンでした。

この時点で私は他に借金などもなくホワイトな状態だっあのですんなりと30万円の利用限度額のカードを作ることができました。
ですが、現実は甘くはなくパチンコで30万なんていう金額は二ヶ月ともたないで無くなってしまい正直自分の台選びの仕方が悪いと思いました。
その反省を次こそは活かすぞ、という気持ちで限度額アップの申請をして10万円ほど限度額をアップさせました。

ところがそんなことをしても結局は同じことの繰り返しで残ったのは借金のみとなりその借金はいまだに残ってしまい自分を苦しめています。